文字サイズの変更
標準
閉じる

次世代育成支援に関する情報

目的

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間とする。

行動計画に掲げる目標及び対策について

(1)子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備

目標1 男性職員の育児休業及び育児部分休業の取得を促進する。

目標2 子どもの出生時および子育ての時期における父親の休暇取得を促進する。

(2)働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

目標1 毎週水曜日をノー残業デーに設定するとともに、日頃から上司、同僚に気兼ねなく残業をせずに帰宅
   できる環境を整える。

目標2 年次有給休暇の取得促進を図り、職員の休暇(特別休暇を含む。)取得日数を10日以上とする。


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ